7月からの柔道稽古の話

7月に入ってから道場で準備体操をしているだけで汗ダクになってしまいます。柔道の稽古時間は20時からなので、日中よりちょっと気温が下がり動きやすくなりますね。

とはいえですよ、道場内は扇風機と自然の風のみ!エアコンはありません!大外刈り、袖釣り込み腰などの打ち込み100本をやっている間に汗ダクになります。「ふぅふぅ」と鼻息が荒くなりつつも100kgある指導員を相手に打ち込み練習です。

なんで柔道の指導員のガタイがガッシリしている人が多いんだべか?通っている道場には100kg前後の先生が5人ほどいます、100kgを超えてる人達との稽古はパワフルな動きなのでやり合ってて面白いです。乱取りの際はパワー差があり最終的に投げられてしまうけど、相手の力の流れを読む訓練として合気道感を磨いています。

おれは65kgですけど70〜80kg級の中高生もいるんで乱取りは力で行く場合もあれば、相手を崩してから技で倒すといった面白さがありますね。理想としては柔道で相手の動きを利用した合気道のような事をしてみたい。

この記事へのコメント